2017年6月13日 (火)

ちおいん

旅館の横からさらに上へ登る道もあったけれど、時間がないので降りることにする。おすすめ観光ルートであれば、もと来た公園を通り抜けて神社へ行くところだけれど、今回は仏教寺院で締めくくりたかった。だから出発点のお寺の裏口から入り、境内を抜けて山門から出る。

ここの山門は国宝である。朝7時台、観光客はまだ到着していなくて写真も撮りほうだい。

Dsc_1531_00003

山門のすぐ外から境内へ登る石段を振り返ったところ。

Dsc_1556_00002

それで、なぜ神道より仏教が好みなのか、という話だった。ものすごく単純化した自分なりの理解によると、宗教とは自然の力に翻弄される人間がそれに適応するために編み出した方法である。災害にあったり、病気が流行ったり、そういう苦しみをどう防ぐのか。

そのために自然の力の水脈がどこにあり、いつ・どう働くのかを読み解こうとする努力が神道である。そして儀式の持つ魔術的な力によってそれを操り、自分たちにとっての苦のもとを防ごうとする。アニミズム的な考え方だけれど、自然を客体として見る態度は近代の科学にも似ている。

仏教は逆に内へ向かう。自分の心を突きつめて解放すれば、現世のいかなる苦も苦とはならぬ。それには「仏様、お願いします」とひとこと祈ればいいのだ。いとも簡単ではないか(その辺の方法論は宗派によるけど、ここのお寺は「ただ祈れ」派である)。

こちらの方がずっとシンプルだし知的だ。奈良時代にこの思想が輸入されたとき、それまで神道的な考えになじんでいた人たちにはものすごく洗練されたモダンなものと映っただろうとは想像できる…その驚きは、故郷を再発見しつつある自分のものでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこぼう

昨日のつづき。今回泊まった場所と、そこから歩き回ったのは東山のふもと、とある大寺院の境内ともいえる狭い範囲。かかった時間は朝5時からの2時間ほど。だけど観光客でにぎわう繁華街からサルやムササビの出る山中までにまたがっている。

まずは街から。こちらは公園内にある有名店の看板にいた親子

Dsc_1346_00003

おなじく公園内、明治時代の名建築。ピンクの外壁が朝日に映える。右はそこから少し坂を登ったところにあるきのうの墓所、ボダイジュの下からながめる景色

Dsc_1365_00003 Dsc_1425_00010

墓所の裏からさらに細い坂道を登る。だんだんと緑が濃くなり、空いっぱいにかぶさる木々の下に、由緒ありげな料亭や小さいお社などがひっそりと建っている。

さらに急な石段を登ったところに小さなお寺があった。境内ではキビタキがさえずっている。出発点から直線距離で500メートルも離れていないのに、もうすっかり山の中の環境である。

石段の上から市街と西方を望む

Dsc_1487_00002 Dsc_1473_00007

お堂の外にあった貼り紙がなんとも可愛い。「烏やお猿がいたずらしますので扉を閉めてあります…ご自由に扉を開けてお参りください」 『鳥の仏教』のような、仏様の前で動物や鳥たちが遊んでいる図が浮かぶではないか。

右はその近くでとっても気になった旅館。帰ってから旅館のホームページを探して見ると、フクロウやムササビも訪れるとある。泊まってみたい…

このあたりの雰囲気は、バリ島のティルタ・ガンガや、ラオスのルアンパバーンにも少し似ている。いずれも古い都であること。山と街が近いこと。大きなお寺があること(バリはヒンドゥ寺院だけど)。

山道を降りながらこの組み合わせについてちょっと考えてみた。京都の街は三方を山に囲まれ守られている。余所者からは攻め難いし、琵琶湖から吹く冷たい風や雪もさえぎられる。

ただし、山は脅威でもある。災害、山に棲むけものや人ならぬ者たち。それらから住民を守るために、東山の麓には大きな寺院が並ぶ。水も漏らさぬ布陣といえる。

もうひとつ。この麓には大きな神社もある。ただ自分は典型的な無宗教の日本人だけれど、お寺の方がずっとなじむというか安心感がある。どう違うのか?それは次回、帰り着いたお寺の境内にて…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

ボダイジュの花

法事のため故郷の街に帰ってきた。お寺の境内にボダイジュの大木があって満開。小さく黄色い花の房が枝先にびっしりついている。見ためは目立たないが、強い芳香があたりに漂う。

Dsc_1255_00001

ボダイジュは仏教で大切にされる木だ。お釈迦様が木陰で悟りを開いたというインドボダイジュの代わりに植えられている。(本家の方は植物園の温室にある。まったく別系統な上に似てないけど。)

Dsc_1409_00004

木に咲く花は好きなのに、いつもながら思ったように撮れない。でもこれから毎年この時期に来ることになるだろうから、少しは上手くなるかも…

翌日までいる予定なので、午後はホテルの部屋に荷物を置いて散策する。故郷といえど泊まるべき実家は今年からなくなっており、宿をとって滞在するのは不思議な気分だ。

自分はもと住人であり土地の言葉も喋れるのに、あまたの外国人観光客とおなじ訪問者の一人になってしまった。寂しい気がする一方で、自由になった感じもする。

観光客の目になって歩き回る。水路ぞいの道や、有名どころの寺院。

Dsc_1312_00004 Dsc_1310_00008

右の庭ではキビタキがさえずっていた。ここは街と山が近い…というか、山のきわに街を作り、結界としてずらりとお寺を並べてあるのだ。

子供のころ住んでいた家は同じ山並みの先にあった。やはり大きな禅寺の裏で、托鉢僧が各戸を回ってくるようなところ。

そうか、こういう自然と街とお寺が隣り合っている環境を居心地よく感じるのは、育った場所の影響なのだ。翌日はこの「山・街近接」をもう少し探求するべく、早朝から出かけるつもり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

ブラックバード、アーリーバード

エナガで盛り上がっている地元を泣く泣く後にして蘇州へやってきた。今回はクロウタドリ (Eurasian Blackbird) の声を楽しみにしている。ビートルズのBlackbird 「ブラックバード」に入っている鳥の声だから、それと知らずに耳にした人は多いかもしれない。

クロウタドリという語感からは美しい旋律を連想するが、実際に聞いてみるとわりと地味。クロツグミの方がずっと華麗な節回しと艶のある声質を誇っている。

「ブラックバード」といえばまずアコギ、それにユニゾンの歌と足拍子だけの構成だ。クロウタドリのさえずりはこの曲の抑えた熱情によく似合っている。思わず聞き惚れるような美声ではないけれど、素朴で愛らしい。何やらごちゃごちゃつぶやいている合間に、ときどき美しいトリルが混じる。控えめな歌の中に春が来た喜びとか不安とかいろんなものが込められているところは、日本で聞くツグミのさえずりと同じだ。

図鑑によると歌詞のとおり朝まだ暗いうちからさえずるのだそうだ。だが残念ながら明け方に下りていってみても鳴いてなくて、6時頃にもう一度行ってやっと聞くことができた。できることなら中国の公園なんかじゃなく、イギリスの田舎の庭で聞いてみたいものだ。(ヨーロッパ亜種とアジア亜種では鳴き方もすこし違うらしい。)

地鳴きは調子外れの笛のような声である。イーグルズのEarlybird  「早起き鳥」に入っているさえずりを思いだす。(もっともこちらはたぶん本物の鳥じゃなくおもちゃの笛だ。それにクロウタドリはカリフォルニアというか新大陸には分布していない。)ついでのことに、イーグルズの同じアルバムにはNightingale  「ナイチンゲールの歌」という曲も入っている。鳥づくし。

・・・それはともかく、本物のクロウタドリはそこらで普通に繁殖していて、公園内に何ペアもいるようだった。雄は真っ黒な体にオレンジ色のくちばし、雌は褐色。立木の中にいた巣立ち雛は上面褐色、下面汚白色に褐色のまだら。両親が口いっぱいにミミズをくわえて運んできている。

その他、

タカサゴモズ ― タイサンボク(たぶん)に親が入っていくと中から餌をねだる雛らしい声がするが、近付くと親の緊張と警戒がありありとわかるので遠巻きに見るだけ。

ダルマエナガ ― だいぶん前のエントリーで「小さくてピンク色のなんだかわからない鳥」と書いている種類だ。くちばしが短く見えるのはインコのように曲がっているからで、ダルマエナガ類の英名はParrotbill という。果樹(桃?)の並んでいる中に巣があるっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

蘇州でコイカル

3月13日

ひさしぶりに蘇州へ来たらめずらしく青空の見えるよい天気だ(それでもなんとなく霞んではいるのだが)。気温は6度と低い。去年の2月に公園でヤツガシラを見たので再会を期待していたけれど会えなかった。たくさんいたツグミの類(カラアカハラ、クロウタドリなど)も皆無。ここでも冬が終わって春が始まろうとしているようだ。

シロガシラはいつも通りたくさんいてピッキョロキュ、ピッキョロキュとさえずっている。タカサゴモズも健在。藪から聞こえるチッ…チッ…という声は予想通りアオジだった。そして高いところを飛ぶカササギ。

水辺のちょっと高い木に頭の黒い鳥が3羽とまり、キーコーキなどと鳴いている。くちばしは黄色いが黒いまだらがあり、頭の黒い部分は頭巾をかぶったように見える。コイカル雄だ。(イカルは黒い部分がもっと小さいが、なぜか逆に灰色のタートルネックを眼の下まで引き上げているように見える。)このあたりでは夏鳥ないし旅鳥らしいので渡ってきたばかりだろうか。

水面を20cmくらいの茶色いものが泳いでいてカイツブリかと思ったらネズミであった。サギ、カワセミ、カイツブリなどは一度も見たことがない。魚が住めない水なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

シンガポールの鳥

ちょっとだけシンガポールへ来ている。自由になる時間はあまりなくて、朝ホテルの前のビーチを散歩するくらいだけれど、初めての鳥にいくつか会った。

さいしょはココナツの幹にいきなり派手な鳥、背中と翼が金色をしたキツツキだ。頭が赤い個体と、黒に白斑のがいる。顔は白黒の縞(白い眉、黒の過眼線、白い頬、黒い顎線、白い喉、黒い正中線)、翼の縁は黒、腰は赤、尾は黒、下面は白黒まだら。ネムの木では樹皮の下の同じ場所に何度もくちばしを差しこんで、樹液を吸っているようにも見えた。(あとで調べたところ、Common Flameback ズアカミユビゲラのオスとメス。)

さっきから何かが高い木の中でプエオ、プエオと呼んでいる。7階の部屋からでも聞こえるくらい大きくてよく通るいい声だ。声質もさることながら、ちょっと寂しげなメロディの調子がだんだん悲鳴のように切羽つまってきて、唐突に止むところが印象的だ。正体は40cmくらいの黒い鳥、ルビーのような赤い目でこっちを見おろしている。白っぽいくちばしのちょっと湾曲した形や、声の質などがいかにもカッコウ類の感じ。 (こちらはAsian Koel オニカッコウ。)

その後ろに鮮やかな黄色の鳥が来た。アイマスクと翼の先が黒く、くちばしがピンク。これは図鑑で見て覚えている Black-naped Oriole コウライウグイスだ。東南アジアではペットショップでもよく見かける。オニカッコウと似ているがもう少し可愛らしい笛のような声で鳴く。

空を見上げると Brahminy Kite シロガシラトビが2羽、海から背後の山へ向かっていくところだ。頭から腹の中ほどまでが白くて美しい飛び姿。

このあとは小鳥。ココナツの葉の上に、上半身が紅色、残りが紫がかった灰色の小さい鳥。 (Crimson Sunbird)

あとは上面がオリーブ色、下面が黄色の、やはりタイヨウチョウのたぐいかな?木の上だとなかなか全身が見えなくてよくわからない。明日はどこか花のある場所を探して待った方がよさそう。

そろそろ時間なので引き上げないといけない。そこら中にいる鳥も一応あげておくと、Spotted Dove, Pacific Swallow, Yellow-vented Bulbul, Javan Myna, Common Myna など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

台北植物園: ズグロミゾゴイとか

Img00037201105291309_2朝8時。きのうは台風だったけれど今日はよく晴れ、空気もからりと乾いてとても快適だ(台風は日本へ行ったらしい)。ガイドブックに書いてあった通り、ちょっとツウっぽい裏口から植物園に入る。すると蓮の池でゴイサギがお出迎え。これは幸先がいいかな?

池にはバンの親子、カルガモ親子。その先が落葉樹の林になっていて、木道がしつらえられている。さてズグロミゾゴイはどこだ?きょうは手ぶら+初めての場所なのでハンディが大きいのを覚悟していたのだが・・・木道をひとつ渡って次の木道へ入るところでひょいと上を見ると、目の前の枝になんか黄色い大きな鳥が。え・・・も、もしかしてズグロ君。こんな簡単に見つかっていいの?人目につかないってさんざん本に書いてあるけど?ケイタイで写真撮れちゃうよ?

Img00024201105290952_2そう、朝早くて人が少ないせいかもしれないけど、本当に双眼鏡いらずの3メートル先でじっくり見た(ケイタイ写真なのにトリミングなし!)。大きさはゴイサギくらい。上面が一様な黄土色の成鳥だ。頭頂は青っぽい黒。目先は水色。ときどき羽づくろいするくらいで全然動かないのでこちらが飽きて移動すると、背後から飛んできて人気のない針葉樹園のほうに消えていった。

それからもいろいろ出た。梢の上を飛ぶ猛禽、ハイタカ属の体型で小さめのオオタカくらい。たぶん Crested Goshawk カンムリオオタカ、 固有亜種だ(ガイドブックにも植物園で繁殖しているとある)。

木道の奥にバーダーが集まっていた。きくと枯木にあいた穴で鳥が営巣中だそうだ。ずんぐりした緑の鳥(遠目には青っぽい感じも)が飛んできて穴に飛び込むと一斉にシャッター音がする。巣から出した顔は黄色。巣からでて高い枝にとまると淡い黄緑に見え、効果的な保護色である。バーダーさんは "Five-Color Bird" だという。図鑑を見てもらうと Muller's Barbet であった。頭から喉にかけて黄、青、赤、黒が配色されてて、全体で五色鳥(和名もゴシキドリ)、固有種。キツツキ目だから穴で繁殖するのだね。

そういえば森のあちこちで木の幹に枯枝をくくりつけてあって、「五色鳥繁殖実験中」と貼り紙がしてある。おそらく、この鳥が生木より穴をあけやすい枯木を好むという理由で試しているのだろう。小さい森なので、天然の枯木は限られているのだ。

そのほかに初見だったのは以下の通り。

Himalayan Treepie (Grey Treepie タイワンオナガドリ) 固有亜種。全長30cmくらいあるかな?グレイの頭、柔らかい茶色の背、黒い翼に白斑。淡色の胸に、あざやかな赤褐色の下腹、長く黒い尾。人をおそれない。

Taiwan Scimitar Babbler (Streak-breasted Scimitar Babbler ヒメマルハシ)  固有(亜)種。25cmくらい。白い顔に黒い過眼線、肩が赤く、胸は白と黒の縦斑という派手ないでたちだが、暗い藪のなかに一瞬あらわれてすぐに消えてしまった。

Black Bulbul クロヒヨドリ  固有種。ヒヨドリと同じか大きめ。全身黒っぽくて光沢があり、くちばしが赤くてきれい。うるさく鳴く。

Magpie Robin シキチョウ 外来種のせいで図鑑に写真がなくウェブで画像を探した。黒い体に白い翼帯。20cmくらい。地面で採食中に、外側が白の長い尾を高く立てた姿勢で警戒or威嚇している。色が淡くて尾が短い巣立ち雛多し。

上記7種が初見。日本以外で見たことあるのはカノコバト、シロガシラ、カササギ。ほかにゴイサギ、バン、カルガモ、カワセミ、ツバメ、メジロ、スズメ。全部で17種。Black-naped Blue Monarch クロエリヒタキだけ見られなかったけど、裸眼にしては収穫の半日であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

Birdwatcher's Guide to the Taipei Region

MRTで通勤していたらいいことがあった。駅のすぐそばに「自然境界有限公司」という店をみつけたのだ。ネイチャー&アウトドアグッズが置いてあって本もあり。 双眼鏡も売ってたので買おうかと思ったが、なぜかスワロフスキーなど高級品ばかりであきらめ。かわりにBirdwatcher's Guide to the Taipei Region という本を求める。台北市と郊外の鳥ガイドだ。

店の人と少しおしゃべりした。キューバにツアーに行ったり、米国のオーデュボン協会からゲストを招いたり、国際的に活動しているようだ。国内グループツアーもやってるとのことで、残念ながら今週末はないけれど、次はぜひ予約して来て、とのこと。

帰ってガイドブックを読むと、市内にも郊外にもけっこうスポットがあるみたいだ。やっぱり双眼鏡なくてもどこか行きたくなった。台北植物園が市内にあるわりにはいろんな鳥がいて良さそうだ。町中なのに、ズグロミゾゴイがすみついていて有名らしい。裸眼でどこまで勝負できるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

寄自野地的明信片

行天宮の少し先に本屋があり、字読めないけど入ってみる。表紙に美しい水彩で早春に芽吹く木が描かれた小さい本が目にとまった。 『寄自野地的明信片』 自然からの絵葉書、といったほどの意味らしい。台湾の各地の自然をスケッチしながらたずねた紀行本のようだ。各ページに水彩画の風景、鳥、虫や花が配されている。なかでも鳥は数多く描かれている。わくわくしながら買って、部屋に帰ってゆっくり見る。絵に添えられた漢字の文章から想像するに、こんな内容。

観音山、2004年7月26日: 観音山は、北上する猛禽類にとって台湾での最後の寄港地である。私はいつも北東斜面、三方を見渡せる位置に立っているタブノキの下にカメラを据え、木の葉で隠して隠密活動に従事する。そばの畑の手入れにやってきた老農夫は、藪にひそむスパイに気づいているのかいないのか、小型ラジカセで流行歌を聴きながらのんびりと土に鍬を入れている・・・ 赤腹鷹(アカハラダカだね)と鳳頭蒼鷹(Crested Goshawk、カンムリオオタカ/タイワンオオタカ)のスケッチがある。

金山、2005年5月10日: 金山の田んぼにきてみた。あそこに三羽いるのは水雉じゃないか!(絵からするとレンカクだ。)南部の生息地では厳重に保護されているくらい珍しいんじゃなかったっけ?しかし保護区というものも、厳格に運用すると経済の発展を妨げるという難しい問題がある。金山では鳥と人の間にそのような緊張した不安な関係はないようだ・・・

ページをめくるたびにあらわれる風景は山里、渓流、田んぼ、離島・・・どれも絵葉書サイズという小さい絵なのに、自然を目の前にしたときの喜びをそっくり運んできてくれる。こんな風にものが見えて、それを表現できたらどんなにいいだろう・・・

この本の世界をあらわす言葉がなかなかみつからなかったのだが、あとがきのタイトルに「安安静静的鳥世界」とあって、ああこれだと思った。今週末、双眼鏡がなくて鳥見にはいけないけど、この本があればいいや。中国語勉強して、テキストが読めるようになろう。

寄自野地的明信片  劉伯楽 ISBN 978-957-32-6192-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行天宮

「お預けの荷物に壊れ物は入っていませんね?」 

そうたずねられ、一瞬答えに詰まって不思議そうな顔をされる。いやー普段ならスーツケースに突っ込んでくる双眼鏡を忘れたのですよ。週末がかかっているというのに。まあどうせ一日は仕事なんだけどさ。。

台北の新しいオフィスにも慣れてきたので、今日からタクシーをやめてMRTで通勤することにした。EasyCardというICカードで乗れる。車体はモノレールを簡単にしたかんじでちっちゃくて軽そう。

ホテルと最寄り駅の間は1km以上あって、帰りは寄り道しながらのんびり歩く。前から気になっていた極彩色のお寺に人が吸い込まれていくので覗いてみた。正面の門は真っ赤に塗られていて、屋根には龍だの鳳凰だのが満載である。ここは行天宮といって、三国志の時代の将軍でのちに商売の神様になった関聖帝君を祀っている(と、説明板にある)。

広い中庭では、説明なのか説教なのかマイクで喋っている人がいて、たくさんしつらえられたテーブルに食べ物が並び、人々が集まっている。パーティではなく、みな持ってきたお供えを赤いお皿に載せて置いているのだった。お供えは果物や、糯米を円錐形にまとめて赤い模様のセロファンで包んだもの。そういえば外の屋台で売っていた。お供えを終えた人は、40cmくらいあるながーいお線香に火をつけて、正面にある神像に手を合わせてお祈りしている。これがまた全身真っ赤というのが強烈な印象。というかきっと赤がこの神様を象徴する色なんだね。

平日の夕方なのにけっこうたくさんの人が引きもきらず出入りして、しかも若者からお年寄りまで層が幅広いので何かのお祭りなのかと思ったけれど、あとで聞くと普段から仕事帰りに寄ってお参りするのだそうだ。ちょっと驚き。若い人も信心深いのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧