« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月29日 (木)

ハイタカとオオタカ

ハイタカ、オオタカ、ツミの識別についていくつか教えてもらったのでメモ代わりに。

ハイタカはこのあたりでは秋冬の鳥だ。繁殖期は標高の高いところにいるらしく、寒くなる頃にツミが渡り去るのと入れ替わりで平地にやってくる。

今年、公園内には早々にハイタカが居ついてうろついている。あたりに人間がいてもお構いなしで、頭上から突然シジュウカラがばらばらと降ってきたと思うと、こいつがさあっと襲ってきたりする。

↓低いところから飛び出した。上から目線でこちらを見ている(11月27日)

Dsc_5026_00001s

喉の模様が縦に並んでいる若い個体、胸と腹は横縞。喉の縦線はツミ幼鳥だと中央に1本が多いが、ハイタカ幼鳥はその脇に複数の場合もあるとのこと

↓カラスと一緒だと大きさがわかりやすい。公園にいるのは大体ハシブトガラスだけれどそれより二回り小さくて、尾羽が体に比較して細長い感じ。飛び方はひらひらして見える(11月29日)

Dsc_5375_00001s

↓参考までに、同じ日に見たオオタカ成鳥。胴が太くどっしりした感じがする。この写真では目先が白いので雌ではないか、ということだった。雌ならハシブトガラスとだいたい同じ大きさのはず

Dsc_5414_00002s
このように尾の中央が飛び出ているのはオオタカに多い。ハイタカでは尾の先が直線的な角尾が多く、ツミではへこんでいることもあるそうだ。

 

2018年11月27日 (火)

キクイタダキの地鳴き

ツツジの茂みから顔を出したアオジ。今秋はたくさん来ているようでツツジ園の中はちょっと混雑気味だ

Dsc_5167_00001s

キクイタダキは先週からずっといて、おもに針葉樹、ときどきケヤキやコナラの枝で採食している。目に見えないほど小さい餌(たぶん昆虫やクモの類)を取っているようだ(左)

Dsc_5066_00001s Dsc_5072_00001s

暗い針葉樹の中でこの小さい鳥を探すのはなかなか大変である。「ヴィーヴィーヴィーヴィー」という特徴的な地鳴きが聞こえれば間違いないのだが、ここ2、3日なぜかこの声を聞く頻度が減った。警戒の意味があるようなので、場所に慣れてきたということかも。

残る手掛かりは「シ・シ・シ」というとても小さくて高いつぶやき(ツイート)だ。これは個体間でのおしゃべりというか、たがいの位置確認のために鳴いているようで、活動中はわりとしょっちゅう出している。

ただしシジュウカラやエナガなど小鳥全般も同じような声を出すから聞き分けにくいのが問題。強いて区別をすれば、キクイタダキは金属音ぽい感じがする。一円玉を触れ合わせるような、またはスチールの表面をそっと引っかくような音だ。

そして「ヴィーヴィー」は歩いていてもお喋りしていても聞こえるけど、「シ・シ」は足を止めて静かにしていないと認識できない。立ち止まっては耳をすまし、聞こえたらそっちの方向へ進む。また止まって声の方向を確かめる。杉林の中でひとり「だるまさんが転んだ」をやっている怪しい人影は、キクイタダキを探しているのだ。

2018年11月26日 (月)

秋の川辺

このところあまり川に行かなくなったな…と反省している。夏は暑いし冬は寒いし、けっこう厳しい環境なのでつい足が遠のく。でも行けば多くの鳥が迎えてくれて、ハイタカ、ハヤブサを含め合計36種を見る。

ジョウビタキの雄と雌がごく近い位置にいた。まだ縄張りの境界線が決まっていないのかもしれない。

雄がピラカンサやノイバラなどの実を食べた後、消化できない種子を吐き出しているところ。口の中は腹の羽毛と同じあざやかなオレンジ色をしている

Dsc_4741_00001s

ニセアカシアの枝で、コロコロと鳴きかわすカワラヒワたち。つがいかな?

Dsc_4790_00001s_2

陽の傾くのが早く、2時半にはもう夕方の雰囲気。カワウたちも漁を終えてくつろいでいる

Dsc_4877_00002s

2018年11月23日 (金)

秋晴れの日

お蕎麦屋さんの朝、開店前の準備中。よく見ると祝日の旗も用意されている

Dsc_4191_00003s

黄葉したケヤキ。葉の根元の小枝に菱形の実がついていて、それを食べにアトリがたくさん入っている… さすがに写らないけど

Dsc_4311_00002s

来月、葉がすっかり散る頃には実も落ちてしまうので、アトリは地面で採食するようになる。


2018年11月21日 (水)

アトリ、秋のナツスミレ

アトリが水辺に降りてきた。ケヤキの実を食べると喉が渇くのかな?集団でよく水飲みにやってくる鳥だ

Dsc_4167_00002s

そして水場ではよく争いを起こす。↑の場面でも、上から舞い降りてきた一羽がほかの鳥を踏んづけそうになっている… ひどい

ほかにマミチャジナイを見かける。ヒサカキの中からエノキの枝に上がったところをシロハラ(先週からいる)に追い出されてどこかへ行ってしまった。。。 マミチャジナイは旅鳥で、だいたい10月頃、シロハラが到着する前に通過していくから、今日のはいつもより遅いといえる。

トレニア(ナツスミレ)の葉が紅葉していて綺麗だった。夏とつく花なのにまだ咲いているのが不思議

Dsc_4095_00001s

2018年11月20日 (火)

梅に菊

葉を落とした梅の枝にキクイタダキがやってきた

Dsc_3885_00001s

忙しく動き回るのでなかなか思ったように撮れなくて、やっと頭の黄色いのが写った一枚。

そのほか、先週からアトリが20-30羽くらいの群で飛び回っている。主にケヤキの枝についている実を食べているようだ。二冬前のような当たり年になるか?

針葉樹の根元にコジュケイの夫婦。右側の鳥の足に蹴爪が見え、こちらがオスとわかる。左に比べて羽の色も鮮やかだし、体もかなり大きく立派

Dsc_3786_00002s

このあと通路を堂々と横切って池の縁に現われ、オス・メスの順で飛んで池を渡っていった(ウズラみたいな外見だがけっこう飛ぶのだ)。

2018年11月16日 (金)

菊の季節

バラがそろそろ終わりかけて、今週は菊の季節。植物園には盆養や懸崖に仕立てられた鉢がたくさん展示されている。

その前の針葉樹の上からかすかな鳥の声がする。「シーシー」と聞こえるのでシジュウカラかエナガが入っているのかと思っていたら、突然はっきり「ヴィーヴィーヴィーヴィー」と聞こえてきた。キクイタダキの地鳴きだ。

体長9センチ、体重5グラムのとても小さい鳥。色づいたケヤキの葉と比べてもたいして大きくない。体型はメジロを寸詰まりにした感じ。

Dsc_3432_00001s

いつもはもっと寒くなって落葉が済んだ頃に見かけるから、まだ菊の咲いている今年は早い到着といえる。キクイタダキは頭のてっぺんの黄色い羽を菊の花に見立てた名前だ。ただしこのときは写っていない・・・

菊の代わりに、ダリア(これもキク科)にとまっていたクサキリ。長い触角に注目

Dsc_3179_00001s

カラス、反撃される

林の中にいたハイタカがカラス(ハシブトかハシボソか不明)に追われて飛び出した。旋回してどんどん高度を上げていく。なのにカラスはしつこく付きまとって一緒に上がっていき、ついに反撃されてしまった

[ハイタカ] 蹴りっ                     [カラス]あ~

Dsc_3366_00002s Dsc_3367_00002s

蹴りを入れられてバランスを崩したカラスは真っ逆さまに… 落ちるかと思うとそんなことはなかったが、これで遅れをとり、しばらくして追跡をあきらめた。

カラスも相手がオオタカやハヤブサだともう少し警戒しながら近づくのだろうけれど。このときは体が小さいぶん舐めていたが、小型猛禽の気の強さまでは計算に入っていなかった模様。

2018年11月14日 (水)

初秋の色

なんとなく思い立って普段と違う公園へ出かけてみた。鳥はあまり見られなかったが、コナラの高い木が集まっているあたりでアオバトの声を聞いた。

ケヤキ、その他の落ち葉、それに芝生の枯れたものがなぜか色別に掃き集められていた

Dsc_3076_00001s

紅葉はまだ一部分のみだ

Dsc_3162_00001s

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

おすすめの本

無料ブログはココログ