« ツミ若鳥 | トップページ | カラ混群 »

2018年10月14日 (日)

秋の曇り日

今年はあまり爽やかな秋空に会えない。この日もべた曇りの一日だった。

タイサンボクに実がついていて、アオゲラがずっと枝に貼りついている。その下をちょろちょろとキビタキが飛び回る。これぞキビタキ雌タイプ、という図鑑写真ポーズを取ってくれた

Dsc_1854_00001s

猛禽はいつものツミやオオタカは見かけなかった。その代わり、10月になるとなぜか必ず上空を飛ぶミサゴと、冬にかけて高圧線の鉄塔あたりに出没するハヤブサが出た。

Dsc_1927_00001s Dsc_1941_00001s

« ツミ若鳥 | トップページ | カラ混群 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の曇り日:

« ツミ若鳥 | トップページ | カラ混群 »

おすすめの本

無料ブログはココログ