« 灯籠流し | トップページ | エゾビタキ、サメビタキ »

2018年8月21日 (火)

カイツブリ日記 水路の冒険

8月21日(火)

スイレン池にいた親子、下流側の木の陰に隠れたと思ったらいつまでも出てこない。そのうち親だけ戻ってきたのでちょっと心配になり、幼鳥を探しにいった。

池の下流は幅が狭くて浅い水路が続いている。段差もいくつかあるし、人が行き来する飛び石の間の、15㎝くらいの隙間をすり抜けないといけない箇所もある。

そんな所を幼鳥が通れるものか… と思いながら下っていくと、飛び石よりさらに先の、両側から草が覆いかぶさっている箇所で独力で餌とりをしているのを見つけた。

草の根元にはヌマエビ類が豊富にいるようだし、水の中にはメダカが群れている。そして狭くて浅いので獲物の逃げ場がなく、捕まえやすそうな良い餌場だ。おそらく最初は親に連れられてきて場所を覚えたのだろう。

物陰から人間がのぞいていても気にせず、夢中で採食している。ヒナのしるしの縞模様はだいぶん薄れた。

Dsc_0398_00001s         ぷるん!と身震いしたところで顔も少しぶれてる

しばらくすると親のことを思い出したのか、ピィピィと鳴きながら水路をさかのぼりだした。飛び石の狭いところは走って通り抜け、段差も難なく跳び上がって、スイレン池で待っていた父親とぶじ合流。

泳ぐ/潜水する能力はもう成鳥と変わらないように思える。ただし自力で取れる餌は限られていて、トンボのように技術を要する獲物はまだ親から貰っている。また、風切羽の伸び方しだいで飛ぶのはまだ少し先になるかも。

幼鳥が飛び去るのと、親鳥が完全に子別れするのと、どっちが先だろう?と思う。

|

« 灯籠流し | トップページ | エゾビタキ、サメビタキ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

愛くるしいカイツブリ素晴らしい表現力です。今は想い出

投稿: 伊東 | 2018年8月26日 (日) 15時35分

ありがとうございます!カイツブリほんとに可愛いですよね。
今は思い出、ということは旅立ってしまったのかな。
ここしばらく見に行けなくて残念です…

投稿: 野牡丹えるか | 2018年8月27日 (月) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142161/67083382

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリ日記 水路の冒険:

« 灯籠流し | トップページ | エゾビタキ、サメビタキ »