« コチドリ日記 旅立ちました | トップページ | ツバメ幼鳥 ごちそうを貰ったのは誰 »

2018年6月17日 (日)

ツバメ幼鳥 トンボのごちそう

6月17日(日)

コチドリもいなくなったことだし、川へ出かけてみた。コアジサシが少数、アユをダイビングキャッチして求愛給餌している。トビ、カワウ、アオサギなどの幼鳥がいる。コチドリより少し大型のイカルチドリも河原を歩いている。

そんな中でツバメの家族を見つけた。巣立ちヒナが3羽、川岸の崖に生えている枝にとまって、親鳥が餌を運んでくるのを待っている。

↓大体は小さな虫が多いのだが、このときの餌はトンボである。親鳥は飛びながらトンボをヒナの口に押し込もうとしている。黒と黄の縞からしてウチワヤンマだ。

Dsc_9939_00001s

↓親鳥は1分後に同じトンボをもう1匹捕まえてきた。たいへん優秀なハンターなのだ。(1匹目のトンボは下段の幼鳥の腹におさまっている)

Dsc_0007_00001s

|

« コチドリ日記 旅立ちました | トップページ | ツバメ幼鳥 ごちそうを貰ったのは誰 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142161/66843789

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ幼鳥 トンボのごちそう:

« コチドリ日記 旅立ちました | トップページ | ツバメ幼鳥 ごちそうを貰ったのは誰 »