« 名残の紅葉 | トップページ | アカハラ、ウグイス、冬の餌 »

2017年12月 6日 (水)

ハジロカイツブリ

今日は川へ。岸近くに水鳥たちが集まっている。ヒドリガモ、コガモ、オカヨシガモ。ハシビロガモのエクリプスが1羽。年々増えているというオオバン。カンムリカイツブリ数羽、カイツブリ1羽、ハジロカイツブリ1羽。

赤い目をしたハジロカイツブリは頭が痒いらしいのだが、あの柔らかいゴムのようなひれ足では掻きごたえがないんじゃないだろうか。もどかしさが水面を伝わってくるよう

Dsc_5814_00001s

          かいかいかい…

皆がのんびりと浮いているところに、ハヤブサが水面をかすめるように飛んできた。後で写真を見たら縦縞の若鳥。少し先のカモ類の群れを飛び立たせたが何もとれずに、その勢いのまま鉄橋を越えて消えていった。

15分後にほぼ同じコースを飛んできた猛禽がいて、ハヤブサが戻ってきたのかと思っていたが、これも後から写真を見たらチョウゲンボウの雄成鳥。岸の茂みにスズメが群れていたのを狙ったのかも。

岸でカシラダカやホオジロなどを観察して、ふと上空をみるとオオタカまたはハイタカの飛ぶ姿。カラスより二回り小さかったのと、写真では尾が長く角ばっているのでハイタカの可能性が高いと思う。

« 名残の紅葉 | トップページ | アカハラ、ウグイス、冬の餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハジロカイツブリ:

« 名残の紅葉 | トップページ | アカハラ、ウグイス、冬の餌 »

おすすめの本

無料ブログはココログ