« ハジロカイツブリ | トップページ | 水面と水底 »

2017年12月10日 (日)

アカハラ、ウグイス、冬の餌

先週あんなに綺麗だったシマサルスベリは、今週はすっぱりと葉を落として裸になっていた。その枝から「ツィー」 「ツィー」 と鳴きかわす声が聞こえてくる。大型ツグミ類が2羽いるらしい。

Dsc_6453_00001s
寄ってみるとアカハラ達だった。もう1羽は奥の枝に。地面で採食する合間に休んでいる風だった。

左: 口を開けて何かやっているのに気づいてあわてて撮ったらボケてしまった。白い種子を吐き出すところ。ツグミ類は木の実を食べたあと消化できないタネだけ吐き出すことをよくやる。

Dsc_6424_00001s Dsc_6397_00001s_2  

右: ウグイスがツバキの中を動き回っているのを見ているうちに、虫を捕らえたみたい。半透明の緑色をした翅があるカゲロウのような姿。長い触角が、ウグイスの顔を横切って肩まで届いている。虫自身の体長の倍はありそう。

この時期に成虫がいるものだろうかと疑問に思って検索したら、クサカゲロウの類は成虫で越冬するらしい。なかでもアミメクサカゲロウという種がこのような緑色のまま越冬するそうだ。触角の長さも合致している。

照葉樹の葉裏に隠れていることが多いようで、冬のウグイスがよくヤブツバキに入っているのも、こういうものを探しているのかと納得。

« ハジロカイツブリ | トップページ | 水面と水底 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカハラ、ウグイス、冬の餌:

« ハジロカイツブリ | トップページ | 水面と水底 »

おすすめの本

無料ブログはココログ