« 水面と水底 | トップページ | 木の実をたべる »

2017年12月12日 (火)

シジュウカラ、ヤマガラ、冬の餌

水路のわきにシジュウカラが2,3羽降りてきて水面を覗きこんでいる。水浴びか、水飲みに来たんだと思っていたが、写真をよく見るとなにか緑色の昆虫を捕まえたところだった。

Dsc_6706_00002s Dsc_6711_00002s

獲物はカメムシだ。前回のウグイスと同じく 、この時期にカメムシ成虫?と思って検索すると、光沢のある緑色のツヤアオカメムシという種で、やはり成虫で越冬するらしい。

ヤマガラが2羽、アカシデの枝に。この木の種子はイカル、シメ、カワラヒワなどにも人気。ただ、小さい片翼のついた種子はもうほとんど地面に落ちてしまっていて、背景に写っているのも冬芽ばかりだ(奥の赤いのはカエデ)。

Dsc_6879_00001s

ジョウビタキ雌がカマツカとムラサキシキブの所有権を主張していた。アオゲラ雌、アオゲラ雄、オオタカ(小さかったけど腰のあたりが白く見えたからたぶん)、越冬ツミ(たぶん)も出て久しぶりに全員そろった感じ。

« 水面と水底 | トップページ | 木の実をたべる »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シジュウカラ、ヤマガラ、冬の餌:

« 水面と水底 | トップページ | 木の実をたべる »

おすすめの本

無料ブログはココログ