« エナガ 本格始動 | トップページ | ルリビタキ三羽衆 »

2017年2月28日 (火)

梅花にアトリ

この冬はアトリの当たり年だった。植物園にもまだ100羽単位の群れがいる。

食物はケヤキの実にかなり頼っているようだ。秋のうちはまだ枝についている実を食べているところをよく見た。冬になって実が落ちた後はもっぱら地面で採食するように。ある木立の下の狭い範囲を数週間で食べつくすと、別のケヤキの下に移動してまた毎日そこで落ち葉をかきわけてている。

今週の採食場所の近くには白梅が一本あってちょうど満開だった。ところが地面に丸ごとの花がいくつか落ちている。ウメはこんな風に散らない。スズメがサクラの花をこうやって食べるけれど、スズメは園内であまり見かけないし。

スズメの他にありそうなのはヒヨドリ?いやじつは犯人は、ケヤキの箸休めにやってきたアトリだった。

Dsc_0406_00001 Dsc_0420_00002
むしゃむしゃ

蕾も開いた花も関係なく、けっこうな勢いでワシワシと食べてしまう。そういえば木のてっぺんの方だけ花がついていないのは、アトリに食われてしまったのだろうか?

この勢いでアトリの大群が梅園に押しかけて食害するようになったら… 鳥好きとしてはちょっと見てみたい光景であるけれど、植物園にとっては困ったことになるだろうなぁ(今でも梅園にはヒヨドリ除けらしい糸が張ってあるが、ヒヨドリは器用に避けて飛び回っている)。

池ではヒキガエルが産卵していた。「ク・ク・ク」という鳴き声も聞かれた。

|

« エナガ 本格始動 | トップページ | ルリビタキ三羽衆 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142161/64954472

この記事へのトラックバック一覧です: 梅花にアトリ:

« エナガ 本格始動 | トップページ | ルリビタキ三羽衆 »