2017年12月10日 (日)

水面と水底

浅い池の表面に枯れ葉が落ちて積もり、時間をかけて底へ沈んでいく。

Dsc_6505_00001s

浮いている葉ははっきりと見え、手で触れることもできるが、風のままに水面を流されていく。沈んだものは手が届かないけれど、動かないでそこにある。どちらが確かな存在なんだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカハラ、ウグイス、冬の餌

先週あんなに綺麗だったシマサルスベリは、今週はすっぱりと葉を落として裸になっていた。その枝から「ツィー」 「ツィー」 と鳴きかわす声が聞こえてくる。大型ツグミ類が2羽いるらしい。

Dsc_6453_00001s
寄ってみるとアカハラ達だった。もう1羽は奥の枝に。地面で採食する合間に休んでいる風だった。

口を開けて何かやっているのに気づいてあわてて撮ったらボケてしまった。白い種を吐き出すところ。ツグミ類は木の実を食べたあと消化できない種だけ吐き出すことをよくやる。

Dsc_6424_00001s Dsc_6397_00001s

ウグイスがツバキの中を動き回っているのを見ているうちに、虫を捕らえたみたい。半透明の緑色をした翅があるカゲロウのような姿。長い触角が、ウグイスの顔を横切って肩まで届いている。虫自身の体長の倍はありそう。

この時期に成虫がいるものだろうかと疑問に思って検索したら、クサカゲロウの類は成虫で越冬するらしい。なかでもアミメクサカゲロウという種がこのような緑色のまま越冬するそうだ。触角の長さも合致している。

照葉樹の葉裏に隠れていることが多いようで、冬のウグイスがよくヤブツバキに入っているのも、こういうものを探しているのかと納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

ハジロカイツブリ

今日は川へ。岸近くに水鳥たちが集まっている。ヒドリガモ、コガモ、オカヨシガモ。ハシビロガモのエクリプスが1羽。年々増えているというオオバン。カンムリカイツブリ数羽、カイツブリ1羽、ハジロカイツブリ1羽。

赤い目をしたハジロカイツブリは頭が痒いらしいのだが、あの柔らかいゴムのようなひれ足では掻きごたえがないんじゃないだろうか。もどかしさが水面を伝わってくるよう

Dsc_5814_00001s

          かいかいかい…

皆がのんびりと浮いているところに、ハヤブサが水面をかすめるように飛んできた。後で写真を見たら縦縞の若鳥。少し先のカモ類の群れを飛び立たせたが何もとれずに、その勢いのまま鉄橋を越えて消えていった。

15分後にほぼ同じコースを飛んできた猛禽がいて、ハヤブサが戻ってきたのかと思っていたが、これも後から写真を見たらチョウゲンボウの雄成鳥。岸の茂みにスズメが群れていたのを狙ったのかも。

岸でカシラダカやホオジロなどを観察して、ふと上空をみるとオオタカまたはハイタカの飛ぶ姿。カラスより二回り小さかったのと、写真では尾が長く角ばっているのでハイタカの可能性が高いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

名残の紅葉

カエデ園の地面は散り敷いたモミジでお花畑のよう

Dsc_4883_00001s

葉を落とした枝の上をカラ混群が訪れる。といってもカラ類はシジュウカラだけ、あとはこのエナガに、メジロ、コゲラが混じる

Dsc_5060_00001s

運がいい年はヒガラやヤマガラが参加するのだけど、今冬はどうかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマサルスベリ

サルスベリの葉はとっくに散ったのに、南方種で樹高の大きいシマサルスベリは今週がみごとな紅葉。白っぽい樹皮に映えてとてもさわやか。

Dsc_5167_00001s

一枚の葉の表が赤、裏が黄に色づくので、木全体が複雑な色にみえる。意外なことに、サルスベリ属はミソハギと同じミソハギ科。そういえばミソハギの紅葉もピンクとオレンジだった。

  Dsc_5203_00004s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

雨のカエデ園

カエデ園の紅葉は今週が盛り。だけど盛りを迎えたものは散りはじめるのが定め

Dsc_4359_00001s
木曜は雨だったが、季節に急かされ、なんとなく落ち着かず出かけてしまう。雨天ならではの嬉しいことも…この通路に誰もいなくて、むこうまで見渡せるなんてほぼ奇跡

Dsc_4669_00002s

日陰の水辺では、紅葉は遅め。黄色の中に緑色が残る

Dsc_4614_00002s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

アオジ

アオジは地面に近いこういうごしゃごしゃした場所が好き。冬の間、ちょっとした植え込みの根元をのぞくとたいてい入っている。これは2、3羽いたうちのメス。

ときどきススキにも出入りして穂をついばんでいるようだった。

Dsc_4183_00002s

 

池のそばの黄葉。手前の赤いのがラクウショウ、奥のまだ緑が残っているのがメタセコイア(書いておかないとすぐ分からなくなる…)

Dsc_4242_00002s

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

留鳥たち: カワセミ、ハシブトガラス

今週も、あまり目新しい顔には出会えず… ツクバネウツギの枝奥に隠れたカワセミを水鏡で覗いてみたり、

Dsc_4030_00004s

流れの真ん中で派手に水しぶきをたてるのは誰?と思ったら

Dsc_4066_00002s
この子にウィンクされてみたり

Dsc_4076_00001s            俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

留鳥たち: シジュウカラ、エナガ

アカゲラ、トラツグミ、ミヤマホオジロなど、冬鳥のうわさはちらほらと聞くのだが… 自分だけはさっぱり見つからない。鳥の神様に見放されたかな?

しょうがないので歩き回るのをやめて、カエデの前でなじみの留鳥たちを待ってみた。

シジュウカラはちょっと警戒心が強めで、枝の奥からこっちを窺う
Dsc_3847_00002s

エナガはわりと人を気にせず近くを飛び回る。ただし素早いのでなかなかつかまえられない。これはラッキーな瞬間

Dsc_3952_00002s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

カキの実にエナガ

カキの実にエナガの群れがやってきた。くちばしの小さいエナガはあまり木の実を食べるイメージではないが、熟したカキは柔らかくて食べやすく、ほとんどの鳥のメニューに載っているのだ。

Dsc_3321_00002s
2羽仲良く並んで食べるのかと思ったら、先に食べ始めた1羽は柿に顔をつっこんだまま連れを睨みつけ、翼と尾羽を上げて威嚇。

Dsc_3324_00003s_2

可愛い小鳥も、群れで暮らす以上は人間と同じように小競り合いや軋轢がつきものらしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハギとミソハギ