2020年6月14日 (日)

ウグイスの家族

雨の日。このヤマブキの茂みは以前からウグイスの縄張りになっていて、オスがさえずっているのは毎日のことだったが、数日前からそのあたりで数羽の鳥がごそごそするように。「チャッチャッ」という地鳴きも聞こえ、さらに今日は「チュ」「チュ」という聞き慣れない声もする。

茂みを透かして見ると全部で5羽か6羽くらいいる。藪の中で巣立った幼鳥と親鳥の家族らしい。

Dsc_1447_00001s

繁殖期のウグイスのオスはさえずるだけで、抱卵から育雛はメスがひとりで行うのだそうだ。この時も父親は確かにそばにいてホーホケキョと鳴いてはいるのだけれど、群と一緒に行動するのではなくただ見守っている風だ。

「チャッチャッ」はおそらく母親の声で、幼鳥たちを先導していく。「チュ」「チュ」はそれよりもっと柔らかく聞こえ、幼鳥の声だと思う。

だいたいが藪を伝って移動しているのでなかなか姿が見えないが、たまたま木の枝に上がって順番に飛んでいくところが撮れた。幼鳥は成鳥に比べてくちばしが黄色く、体も下面が黄色っぽい印象。そして尾羽が短く、ウグイスじゃないみたいなちょっとヘンなシルエットなのであった。


Dsc_1457_00001s

 

2020年4月28日 (火)

クロジ

雨上がりの早朝、エナガを見に行く途中の林。水場を見下ろす位置にあって、通過の夏鳥や何やかやを見る確率が高い場所だ。オオルリでもいないかと期待したのだけれど、きょう見つけたのはこの辺では冬鳥のクロジだった

Dsc_9933_00002s

今冬のあいだは見かけなかったクロジ、山へ帰る旅の途中だったのかもしれない。一瞬だけここでポーズをとり、すぐに茂みに消えていった。

 

日中も夏鳥(オオルリ)と冬鳥(アカハラ)の両方を見る。

2020年3月24日 (火)

キクイタダキのダンス

線香花火みたいな形の松の枝で軽快に踊るキクイタダキ。

Dsc_9144_00001s


Dsc_9145_00002s

もう少ししたら繁殖のため山へ帰っていく。

2020年3月13日 (金)

エナガ 3月前半

3月1週と2週(2月29日から3月13日まで)のエナガ観察結果。当地の標準日程では巣の外観は完成していて、保温材の羽を探してきてはせっせと中に詰め込む時期である。

 

2月29日、2か所発見。片方は巣材、もう片方は羽を運んでいた

3月1日、3か所発見。うち2つは、2/14に見つけて2/18に分からなくなったところのやり直しらしい

3月3日、2か所発見。

3月6日、2か所発見。ひとつは隣の巣から15メートルくらいしか離れていないところに作り始めていた

3月7日、2/11以来初めて新規発見なし、既存の巣を巡回。7か所のうち羽を運んでいるのが3か所

3月11日、1か所発見。巡回中、尾羽が軽く曲がっているつがいを見かけるようになった。夜は巣の中で寝ているらしい

3月13日、1か所発見。既存の巣はまだ羽を運んでいるつがいと、周辺でのんびり採食しているつがいがいる

 

ここまでで延べ31か所(すでに壊れたり無くなったりした数か所を含む)。3月1週目は前週と同じペースで新しく見つかったのに対し、2週目からはやり直し巣らしいのが時々見つかるだけになった。これと既存の巣の巡回が主な仕事。

15分待っても周辺に鳥が見当たらない「動きなし」も、営巣第一号を含めてちらほら出てきた。早い日程で進んでいるつがいは、巣が完成して産卵の時期に入っていると思われる。4月の1週あたりには餌運びが始まるかもしれない。

 

2020年2月29日 (土)

大寒桜にモズ

丘の上では寒桜の花が終わり、大寒桜がちらほら咲き始めた(大きい寒桜ではなくて大島桜と寒桜の交配の意味らしく、花は少し白っぽい)。その花に隠れるようにしてモズのメスがギチギチ鳴いていた。冬の間ずっとこの一帯をなわばりにしていた個体だと思う。

Dsc_8044_00001s

公園内にはオスのモズもいて、今年もどこかで営巣するかもしれない。

2020年2月28日 (金)

エナガ 2月のまとめ

エナガの追っかけに夢中で更新をおこたっていたので、28日までの成果を簡単にまとめておく。

2月11日、営巣第一号発見。ただし常緑カシの梢で見えないところ。

2月14日、3か所発見。いずれも作り始めたばかりの状態。互いに200メートルしか離れていない場所だった。

2月15日、3か所発見。

2月18日、2か所発見。逆に14日の3か所のうち2か所が早くも所在不明に。

2月21日、2か所発見。他に場所探しをしているつがいが1か所。

2月22日、寒い日でエナガはほとんど活動しておらず、1か所だけ場所探し中。

2月23日、2か所発見。

2月24日、3か所発見。うち1つは21日に場所探ししていたつがい。

2月26日、やはり寒い日。1か所だけ発見。

2月28日、3か所発見。営巣第一号のつがいはもう羽を運んでいる。

ここまでで20か所。去年の同時期はまだ8か所だったのと比べると、2月の早いうちから探すようにした効果は明らかだ。

営巣作業中のエナガが見つかるのは暖かい日の午前10時から12時の間が多い。だいたい興奮してよく鳴いているから、自転車でゆっくり流しているだけで所在がわかる。巣材取り場での「ヂルヂル」なら半径50メートル、巣に近づいてからの「チュ・チュ」なら10メートルくらいの範囲で聞こえる。ほかに、作業している巣の中から「ピルルルル」というかん高い警戒音を聞くこともある。

近くに複数の巣があって、共通の巣材取り場に何羽もが入り乱れていることもある。追いかけるのは大変だがいっぺんに3か所も見つかるのはこういう時だ。

しかし、忙しく巣材を集めていたつがいも昼を過ぎるとランチタイムに入ってしまうらしい。採食中のつがいは後をつけてもどんどん移動していくばかりで時間の無駄なため、巣材を取っているか餌を取っているのかをまず見分けるべし。

2月は最高気温が10度程度の寒い日も多い。こういう日はエネルギー収支に余裕がないせいか、午前10時を過ぎてもずっと採食しているつがいを見かける。2つがい以上が一緒になって、冬の群れに逆戻りしたかのように行動していることもある。

3月に入ると気温が上がって活動時間も延びると思われる。ただしもう建築作業はそろそろ終わって羽集めの段階に入るので、営巣中を新しく見つけるペースは落ちるはず。リストの延べ数は去年と同じ程度になるだろうと思う。

 

2020年1月24日 (金)

エナガ 冬の群

エナガの冬の群をあいかわらず追いかけている。だいたい10羽ほどの群で行動しているが、この日はその中から2羽が抜け出して別の方向へ飛んでいき、しばらくしてまた群に戻ってくるのを観察した。

Dsc_5230_00001s

この後そろそろ、群の個体数が減ってつがいに分散していく時期だ。さっきの行動も、その前触れなのかもしれない。2羽が群れを抜けて飛んでいった先の木は、今年の営巣第一号となった(2月11日に巣材運びを観察)。

 

2019年12月21日 (土)

エナガ追っかけ

エナガ繁殖のプレシーズン観察。冬の群がどれくらいの行動圏で生活しているのか、追いかけて確かめようという計画だ。

場所はふだんの植物園より、自転車で走り回れるもう一つの公園の方がこの作業に向いている。群が採食しているときは、隣り合った木に移る程度の短い移動を繰り返していくことが多いけれど、ときどきは一気に飛んであっという間に誰もいなくなってしまう。徒歩では追いかけきれないことが多いのだ。

群の気分は声でなんとなくわかる。餌取りに集中しているときは全員がヂルヂルという声をたてている。少し休むときはチュ、チュと低い声で鳴きかわす。こういう時は見失う心配はない。

枝の先に出てきて小さく「ヒー」「ヒー」と言い始めると遠くへ移動するサインのようだ(遠くにいる仲間を呼ぶときの「ヒーヒーヒーヒー」の最初の一音だけ出している感じ)。こうなると100メートルや200メートルは軽く飛んでいってしまうから目を離してはいけない。スタートダッシュの効く電動自転車が役に立つ。

 

この日は遅めに出かけて11時ごろに10羽ほどの群を発見。追跡を開始した。図の下側中央が開始点だ。5分程度以上とどまって採食していた場所を地図にマークしていく。葉を落としたカエデの木が多い印象。エナガとともに反時計回りに園内を移動していき、北西の隅あたりで見失ったのが2時半頃。疲れた~

_00002

この図は予想とまったく違った。実は、園内には複数の群がいて分割したなわばりを持っていると想像していたのだ。ところがこの日は、一つの群(10羽=5つがい)が園内をほぼ一周するような結果となった。昨シーズンはこの区域に10個以上の初回巣が見つかったのと、計算が合わないではないか…

説明はいくつか考えられる。

・複数群いるのだが、各群の行動圏は排他的ななわばりではなく重なりあっている

・10羽=5つがいではなく、たとえばオスばかり10羽の群だった

・同じ群を追いかけているつもりだったが、途中で入れ替わっていた

・全体で20羽の群なのだが、このときは半分に分かれて行動していた

3番目はばかばかしいようだけれどありそうな気がする。昼頃、群が園の東縁の木立にいるときに、個体数が増えた気がしたことがあった。この場所では比較的長い時間を過ごし、群もばらけていたり、他の場所とはちょっと違う雰囲気であった。その後、北向きに移動し始めたときの数は10羽に戻っていて、午前中より長い距離を飛びかなり活発だった。入れ替わったというのもありかも…

いずれにせよ1回では何とも言えないので、もっと追いかける必要がありそう。

2019年12月19日 (木)

コクガン

海辺へ写真を撮りにいったら、知らない鳥が海岸にいた。体型でガンの類なのはわかるけど、褐色をしたマガン属と違って全体に黒っぽい。顔から胸は黒、背から下は黒褐色で、尻と尾は白。1羽は白い首輪があり、脇腹にも白い筋模様。もう1羽はどちらの模様もはっきりせず、その代わり雨覆と風切に白い羽縁がある。

黒い雁でコクガンというやつかなと思ったけれど、模様の違いが雌雄差、年齢差、はたまた個体差なのかもわからない状態で証拠写真だけ撮ってきた。

Dsc_4015_00002s

2羽で連れ立って、波打ち際の岩場に生えた海藻を食べている。岩の上には濃い緑色の塊が点々と落ちていて、この鳥のフンであるらしかった。

Dsc_4109_00001s

 

帰って図鑑で調べると、やはりコクガン (Brent goose, Brenta bernicla)だった。Anser(マガン属)でなくBrentaということはカナダガンと同属だ(ただし大きさはカナダガンよりだいぶん小さく、ガン類では最小の部類らしい)。

東アジア亜種は B. b. nigricans(黒い、という意味なのでコクガンの中でも特に黒っぽいのだろう)。ユーラシア最北東端のチュクチ半島やウランゲリ島で繁殖し、中国東部・朝鮮半島・北日本で越冬するそうだ。北海道や東北には多数渡ってくるが、当地の海岸では少数が見られるのみとのことで、珍しいというほどではないがいつでも会えるわけでもない。

食性はやはり海藻を食べるとある。カロリーの少なそうな餌だが、そんなもので大きな体を維持してさらに北極圏から何千キロも渡ってくるのはすごいことだ…

首輪模様のない個体は幼鳥ないし若鳥であるらしい。あたりにはこの2羽しかいなくて、ということは親子連れでちょっと飛び過ぎてここまで来てしまったのかな。ここは仲間はいないけれど海は暖かいし餌もあるし、無事に冬を越して北帰できますように。

2019年12月18日 (水)

ダイサギ

晴れて暖かい日。公園の池にダイサギがやってきていた。それも2羽。普段からあまり水鳥がいない池なのに、今日はカルガモとカワウも2羽ずついた。

ダイサギは浅い池に入り、片方の趾を水の中で細かく震わせている。隠れている魚や無脊椎動物を追い出しているらしい。どちらかというとコサギでよく見る動作だ。

そのうちにさっと横っ飛びしたと思うと、次の瞬間にはもう魚をすくい上げていた。くちばしの先から水がしたたり落ちる。

Dsc_3959_00001s

獲物はウロコの模様からしてコイの幼魚のようだ。もっと小さいのをカイツブリが捕まえていたのを思い出す。

Dsc_3970_00003s

 

2019年12月14日 (土)

おやすみなさい…

前日の寒さとうってかわって暖かい日。オスのアオゲラが林内にいるのを見ているうち、サワラの幹の中ほどに下りてきた。クリスマスリースのようにキヅタが巻きついた位置に穴があって、どうやらこの鳥が彫った冬ねぐららしい。

誰にも見られていないか確かめるようにあたりを見回し、「おやすみなさい…」という感じで中に入っていった。えー、まだ11時だけど…と思ったら5分も経たないうちに出てきて飛び去ったので、昼寝ではなかったみたい。


Dsc_3628_00001s

昼間、冬ねぐらに出入りするアオゲラは以前にも見たことがある。ちょっとした休憩にも使っているのか、それとも留守にしている間にほかの鳥に乗っ取られないよう見回っているのかもしれない。林内ではメスの個体もよく見かける。

春に作る繁殖用の巣穴はほとんどがサクラに彫られるのに対し、冬ねぐらは樹種問わずだ。また自然に開いた穴を利用して入り口を拡げるだけのこともある。たぶん、巣穴ほど中を広くする必要がないためなのだろう。

ここは入り口もギザギザしていて、巣穴より雑な作り。ただ、入っていく様子を見ると巣穴と同じように下向きに彫ってあるみたいだ。一人用なら上向きにして後ずさりで出てきた方が中で方向を変えないですむと思うのだが…

今冬のアオゲラの穴は他に2か所ある。ひとつはアオダモの幹で下向き、見つけたときには近くで1羽が別の1羽を追い払おうとしていた。もう一つはサクラで上向き、メインの入り口の反対側に裏口がある。巣穴と違って、裏口があるのは冬ねぐらの特徴なのだそうだ。ただしこのサクラの穴はまだ鳥が来たところは見ていなくて、実際に使っているのかどうかはわからない。

 

カエデの紅葉は、場所にもよるがほぼ盛りを過ぎている。代わってコナラやメタセコイア、シマサルスベリなど、最後に紅葉する木々が美しくなってきた。こちらはカマツカの垂れた枝。これらが散ってしまうとやっと真冬の到来だ。


Dsc_3720_00001s

 

 

2019年12月10日 (火)

ツルウメモドキにメジロ

道端でメジロの興奮した「キュキュキュキュ…」という声が複数聞こえる。この声は警戒音のこともあるし、おいしいものを見つけて喜んでいる(または仲間に教えている?)ときにも聞く。今回は雑木林にいちめん黄色い実が鈴なりになっている場所なので後者みたい。

ツルウメモドキ(ニシキギ科)はつる植物で、観賞用に植栽もされるらしい。黄色いのは正確には実の殻で、熟すると殻が三裂して中から赤い実が出てくる。

ここは開いた実がまだ少ないけれど、メジロは割れたのを探して赤い中身を取り出しているようだった。

 

Dsc_3225_00001s

 

2019年12月 3日 (火)

秋深まる

モミジの葉を撮ったあとで、あれ?なんだかこの葉、見覚えがあると思ってフォルダの中を探したら、先週も同じところを撮っていたのだった。通路わきの目の高さにある枝なので、多分たくさんの人に撮影されているだろうと思う。

 

11月27日はこんな色

 

Dsc_1058_00001s

 

そして12月3日。6日間でこれだけ秋が深まったということ…歩みは遅いように見えても、季節は確実に進んでいる。

 

Dsc_1935_00002s

 

2019年11月27日 (水)

エナガのごちそう

ずっと天気が悪く、雨だったり曇っていたりの一週間。とても寒いが、公園に人が少ないのはいい。

先日、アカハラ・シロハラやシメを見たマメガキ(豆柿)にシジュウカラ・エナガ・メジロ・コゲラ混群がやってきた。枝には直径2㎝くらいのかわいい実が並び、それをエナガがついばんでいる。

熟したらあっというまに食べつくされる栽培種の大きなカキと違って、マメガキは冬になっても放置され、黒く枯れていることも多い。聞けば渋柿なのであまり人気がないそうだ。それでも中には渋が少ない実もあるのか、秋のうちに鳥が食べに来ることもある。

(追記:後日、無傷の実が落ちているのを見つけたので割って味見してみた。強い甘味の中に舌を刺すえぐみと渋みがあって、どうにも嫌な味であった… もっと寒くなれば渋味は抜けるのかもしれない)

Dsc_1094_00001s

 

混群はマメガキの次にムラサキシキブの枝に移動した。エナガは木の実のうち柿だけは好きだが、基本的には昆虫食だ。同時に同じ木で採食していても、メジロ(左)は紫色の実をついばんでいるのに対して、エナガ(右)は葉の裏についたアブラムシのようなものが目当て。

Dsc_1195_00001s       Dsc_1197_00001s

 

エナガにとって、この木での一番のごちそうはこれだった。「わーい、カマキリの卵だー!」

Dsc_1108_00002s

2019年11月21日 (木)

紅葉狩り その2

紅葉狩りの日。やはり温暖化のせいなのか「色深き紅を分け行く」とはいかず、浅めの錦秋なり

 

Dsc_0420_00002s

 

真っ赤に色づいた木を探していたら、優雅な形の葉に出会った

 

Dsc_0765_00001s

 

» 続きを読む

2019年11月19日 (火)

紅葉狩り

もみじ撮りの練習に、いつもの公園へ。でも紅葉は例年よりかなり遅く、緑の中にちらほらと色づいた葉がある程度だ

 

Dsc_0322_00003s

 

同じところをもう一枚

 

Dsc_0331_00003s

 

ちょっと渋い色のところ。昼過ぎでも太陽がかなり低く、光線がまともに目に入ってきて夏の頃よりかえってまぶしい。その光を背景のツバキの葉が盛大に泡立てる

Dsc_0355_00003s

 

鳥はたいへん不作な日なり。ヒヨドリばっかり…

2019年11月17日 (日)

支流にて

そろそろクイナやタシギが川にやってくる季節。クイナが出るという午後に川の支流へ行ってみたけれど会えず。タシギは中州に数羽入っていたがごしゃごしゃの中であまり絵にならない。タシギもクイナも、そんな場所が好きだからしょうがないのだが… できれば岸と接していない中州で、オギやアシが生えていて隠れ場所があり、さらにゴミが流れ着いてカムフラージュ効果がある、そういう場所を探すと見つかる可能性が高い。

 

天気はよく空気が澄んでいて、どこを覗いても水面の映り込みが美しかった。夕刻のコサギ。

Dsc_0205_00001s2

2019年11月15日 (金)

愛してるよ!

エナガの群れがサルスベリにやってきた。みんなで枝についた赤いアブラムシ?を食べているところを撮ったつもりだったが、どさくさにまぎれて一枚だけこんなのがあった。

Dsc_9888_00002s

 

「ダーリン愛してるよ!」
「あら、いやん人が見てるわ」

 

来年の繁殖が始まるまであと3月ほどあるが、群の中ではもうつがいができているらしいのだ。繁殖期のエナガのつがいの絆は強くて、片時も離れないと言っていいほど一緒に行動している。それを思うと秋のうちからペアになっていても不思議ではない。

秋冬の群は10羽から20羽くらいで、一定の縄張りを持って行動するそうだ。植物園には東側と西側に1群ずついると思われる。

先日まで、東の群には尾羽のない個体がいて見分けがついた。もう新しいのが伸びてきているのですぐに分からなくなるだろうが、おかげでそれぞれの群の行動圏がだいたい見えてきたような気がする。春に巣を効率よく探すためにも、冬の群がいる場所をよく見ておくべし。

シメ

「ほら、背景がきれいだからここで撮って」といわんばかりに目の前に飛んできたシメ。これでクロップもなしだ。

オスの、なんだか黒っぽい個体。まだ夏羽のままなのか、くちばしも鉛色を残している。地味な冬羽になる前に男前なところを撮っておいてほしかったのかな… 

 

Dsc_9765_00003s

 

この近くにはマメガキの木があって、アカハラとシロハラが一緒に入っていた。シメもそれを狙っていたもよう。

2019年11月 9日 (土)

キクイタダキ水浴び

水辺のマツの中でキクイタダキの声がしていた。低いところへ降りてくる途中のようだったので、水場の見える位置へ先回り。2羽で近くまで下りてきて、まずオスが飛び込んで水浴び。冷た!冷た!という感じで冠羽も開いている(左)。その後でつれあい(右)も下りてきておひな様のように並んだところ。

Dsc_9274_00002s

ムクノキの梢ではアカハラとシロハラが1、2羽ずつ実を食べていた。シロハラはもう地面に下りているものも複数おり、チャッチャッと鳴きながら場所争いをしている。

ツグミの声もしていたので、大型ツグミ類は一通り揃ったことになる。秋にやってくる時期のピークはこんな順番のようだ

1番 マミチャジナイ 北からやってきて日本を通過していく
2番 アカハラ    山から降りてくる。この辺は通過するものが多いようで、冬まで居つく個体は次の2種より少ない
3番 シロハラ    北から渡ってくる。冬の間たくさんいる
4番 ツグミ     北から渡ってくる。冬の間たくさんいる

あとはトラツグミが来ればコンプリート。今年はもう目撃談もあるけれど、自分ではまだ見ていない。

 

林の中にアカゲラの姿があった。はっきり見えたのはオスだけどそばにメスもいたようだった。

 

«モッコクにアオゲラ

おすすめの本

無料ブログはココログ